茨城県西部の境町の人気蕎麦店。

点在する畑の間を走るなだらかなカーブを描く道路沿いにある、大ぶりの屋根の建物で、大地に根をはるようにどっしりと建ってる。

国道354号を伏木南交差点で南に折れて150m程行ったところにある≫人気blogランキング



和風柄の暖簾が掛かってる玄関の脇には、何気なく時代劇に出てくるような引き車が置かれてて、はんなりした風情が漂ってる。

店頭が広く空いてて、ここが駐車場(7〜8台分)のよう。

庭木の間に設けてある、段差の緩やかな石段を5〜6段上って、オレンジ色の暖簾をくぐって、店の中に入った。



入ると、正面奧が厨房で、手前はテーブル席になってて、右手側には和室が並んでた。40代位の女性が迎えてくれて、お好きな席にどうぞと言われ、和室に上がった。

木材と漆喰で造られた店内は飾り気なく、時の流れが漂ってて、古民家みたいな感じ。

厨房には、40〜50代位の男性がいて、この人が店主かも。夫婦で営んでる店のよう。

 

メニューには、2種類のそば(田舎そば、十割そば)が載ってた。田舎そば(二八そば):鴨せいろ¥900、十割そば:天もり¥1600、そばがき¥1000を注文した。

 

店内には「新そば」と表示してあった。

テーブルの上の説明書きを読んだりして待ってたら、料理が運ばれてきた。


 そばがき ¥1000

この店のそばがきは、初めてのタイプのだった。

お皿の上に、流し込んだようにペースト状のそばがきが載っていて、添えてあったスプーン(大)で、小皿にすくい取って食べるとのこと。

固まってない分だけ、水分を多く含んでるそばがきは、熱々でとろ〜り、なめらかな食感だった。冷めるにつれて、少しづつかたくなっていく感じだった。


 田舎そば:鴨せいろ ¥900

田舎そばは、薄い茶色(ちょっと緑がかってる)をしてて、黒い粒粒が混じってるそばだった。新そばらしい、そばのやわらかな風味が感じられた。

鴨汁は、鴨&ねぎのシンプルな濃い味仕立てのものだった。


 十割そば:天もり ¥1600

十割そばは、ほんのり緑かかった色のそば(黒い粒粒は混じっていない)だった。みずみずしい食感といかにも新そばって感じ。

クリスタルシュガーを用いてるそばつゆは、醤油&甘さがバランスがよく、甘さにべとつきがないので、きれがいい。

天ぷらは、海老、なす、しいたけ、にんじん、さつまいも、菊の花など、季節感のある盛り合わせになっていた。色白の衣をまとったような天ぷらは、油ぎれよく揚がっていた。どれも厳選されてるようで、素材の味が鮮烈だった。

素材選び、つゆ作り、そば打ち、などどれも丁寧に行われてるって感じ。特に、そばつゆは、味にきれがあって、質の良さが感じられる。

■そば処『花の茶屋』
 茨城県猿島郡境町伏木3361-2
 電話:0280-86-6853
 営業時間:11:00〜19:00
 定休日:月曜日

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る