シネプレックスの脇のラーメン店。ヤマダ電機との間の奥まった場所に、この7月20日に開店した。

大阪市に本社がある(株)ダンシンダイナーが営むチェーン店。

土浦野田線を通りかかったので、行ってみた。≫人気blogランキング



1998年創業の(株)ダンシンダイナーは、焼肉『萬蔵』を軸に、現在では、ホルモン、焼き鳥、とんかつ、カレー、寿司、ラーメンなど、20種もの飲食店を運営してる。

以前ここは『じゃんがららーめん』だった(電話番号が同じなので、屋号だけ変更したみたい)。

『俺ってい』は、千葉に3店(市原、我孫子、柏)、東京の駒沢に店舗があって、『じゃんがららーめん』の代わりとしてオープンした店が多いみたい。

 

店頭に出てたメニュー(上左)を見ながら店の中に入ると、レジ前にランチメニュー(上右)が掲示されてた。

接客係の女性従業員に、空いてる席に案内された。



玄関入ると、左手に縦長の厨房とそれに面したカウンター9席があり、広めの通路を隔てた右手側はテーブル席(4人×3)になってる。艶のある飾り柱を施した和風の店内には、ゆったりと白い椅子が配置してあって、おしゃれで高級感がある。



広めの通路を進んで行くと、右奧にも客席があった。
シート席(4人×2)と長テーブル&2人用ベンチ席(2人×8位)が配置してあって、こっちはちょっとカジュアルな雰囲気。

 

メニューから、日替わりとんこつセット¥700、黒ごまこがし醤油とんこつ¥819、焼き餃子¥294を注文した。

厨房では、女性1人と男性2人が働いてた。厨房に面したカウンターの上部は、目隠し的な衝立が立ててあって客席側から厨房内が見えないようになってて、接客係の女性は1人で結構忙しそうに働いてた。


 日替わりとんこつセット ¥700

日替わりとんこつセットは、とんこつ醤油ラーメン+親子丼のセットだった。
水色のチェックのトレイに漬物と一緒に載っていて、カフェっぽい感じ。

■とんこつ醤油ラーメン
・麺…中太縮れ麺
・スープ…しっかり混濁してて、みそラーメンのような色
・具…焼き豚1枚、メンマ多め、煮玉子1/2、もやし、のり

スープは控えめで、あまり熱々ではなかった。口に含むと、スープに脂が溶け込んでて、若干それに伴う苦さがあって、とんこつスープ特有の風味。

焼き豚は、厚めのバラ肉チャーシューで、焼き豚というより角煮っぽくて、男性好みかも。もやし(茹でてある)は、味がついてなかったので、味噌味とのほうが相性がいいかもしれないが、濃い味スープの箸休めになる感じ。


 黒ごまこがし醤油とんこつ ¥819

黒ごまごがし醤油とんこつは、店のNO.1メニュー。
メニュー(写真入り)から、焼豚は大きめサイズを期待していたが、とんこつ醤油ラーメンと同じサイズのが2枚だった。

ペースト状の自家製のあぶり焦がした黒ごまがたっぷりめにかかってて、見た目にインパクトがあるし、黒ごまの風味と粒粒感が個性的なラーメンだった。黒い棒状の物は何かと思ったら、黒ごまのかかったもやしだった。


 焼き餃子 ¥294

焼き餃子は、具がしっかりめに入ってた。

いろんな人が集まる場所にある、今風のおしゃれな雰囲気のラーメン店で、買い物や映画の帰りにファミリー、カップル、1人でも気軽に入れて便利な店。

■醤系らーめん『俺ってい』
 茨城県つくば市下原字池向370-1
 電話:029-839-1700
 営業時間:11:30〜23:00

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る