筑波大学の近くの学園平塚線沿いにある喫茶。

道路に並ぶトレモントホテルとともに、その個性的な外観は、国際色豊かなつくばらしい感じ。

箱形の建物を中央に、両脇に屋根がお供え餅みたいに2重になった建物が連なってて個性的な形≫人気blogランキング



飲食店やお弁当などが建ち並んでるこの辺りは、古くからある学生街だが、最近どんどん変化しているよう。

玄関前の数台分ほどの駐車場は、線引きしてないので、けっこうアバウトに、ゆったり間隔をとって車が止めてあった。

玄関前のランチメニューを見ながら中に入った。

3つに連なる建物は、玄関のある真ん中の四角い建物は、レジとその奧が厨房になってて、左手の建物が喫煙席コーナー、右手の建物が禁煙席コーナーになっていた。


禁煙席

中に入ると、すぐに接客係の若い女性(大学生かな?)が出てきて、笑顔で迎えてくれた。入って左手の喫煙席は、明るくシンプルな雰囲気で、ふつうの喫茶店という感じ。


喫煙席

右手の禁煙席コーナーは、中心にカウンター席があり、周囲にテーブル席に配置してある。山小屋みたいに天井が高く、茶色などの落ち着いた色彩でまとめられた室内は、カーテン等によって採光を少し抑えたながら、吊り下げタイプのランプ調の灯りで照らしだされてて、レトロなムードが漂っていた。

壁にジェームスディーンの大きなポスター、その下には毛利さんや向井さんなど宇宙飛行士の面々のサイン入り色紙が飾ってあって、つくばならでは感じ。

 

メニューから、豚しょうが焼プレートとハンバーグカレーチーズ各¥750を、Aセット:ドリンク付+¥150と、Cセット:ドリンク&ケーキ付+¥400で注文した。

料理を待ってあいだ、窓からは、行き交う車や学生の姿がとてもよく見える。こうやってると、昔の学生時代の記憶がもどってくるみたい。


 スープ

待ってたら、先にスープが運ばれてきた。
わかめ&長ねぎの和風なスープで飲みやすかった。


 ハンバーグカレーチーズつき ¥750

すぐに料理も運ばれてきた。
ハンバーグカレーは、炊きたてごはんの上に、ハンバーグ(食べやすいよう切ってあった)を載せて、市販のカレールーで作ったような家庭的なカレー(具は玉ねぎ&人参)がかけてあって、スライスチーズがトッピングされてた。

脇には、サラダ、スパゲティ、デザートの柿が添えてあった。

楕円の深皿によそってあったので、見た目よりボリュームがあって、お腹いっぱいになった。


 豚しょうが焼プレート ¥750

大きめの白皿に、豚しょうが焼き、ごはん、サラダ、スパゲティ、小鉢2つ(冷や奴、山菜&ハムの和えもの)、柿が載ってて、おしゃれなプレートランチだった。

しょうが焼きの下には、もやしが敷いてあって、冷や奴には白ごまソースがかかってて、栄養や健康のことも考えて作ってる、おかあさんの心遣いみたいなのが感じられる。


 ドリンク付 +¥150

食事を終える頃、厨房から40代くらいの女性が、禁煙席コーナー中央にあるカウンター内にでてきて、飲み物を作っていた。

コーヒーは入れたてて、香りがよかった。


 ドリンク&ケーキ付 +¥400

ケーキは、7種類からフォンダンショコラを選んだ。

フォンダンショコラは、温めてあってスポンジの中に入ってる、チョコレートソースがトロリとしてた。

温かいケーキは、クラッシュアイスでキンキンに冷えてた、アイスコーヒーと相性がよかった。

いかにも学生街の喫茶店という感じで懐かしい。ランチも充実してて居心地がいい。ちょっと筑波大宅付近に行った時にゆったりすごすのに立ち寄るのによさそう。

■『らんぷ』 →つくばカフェリストへ
 茨城県つくば市天久保3丁目10-17

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る