天久保の学生街の中にあるチャイナ料理店。

いつも店の壁にメニューの貼り紙がいっぱいあるが、この日通りかかると窓ガラスのところに、「感謝27年 定食100円引き」と大きく貼り紙がしてあった。

ついふらふらと5〜6年ぶりで入ってみた。≫人気blogランキング



車の行き交う道路から、駐車場(店のじゃないみたい)を介して少し離れたところの雑居ビルの1階にある。

外壁が赤いタイル張りで、オーソドックスなチャイナ食堂のイメージ。



店内入ると、奧が厨房で、手前の赤色であふれてる客席には、中央に楕円の大テーブル(10席)、その周りにテーブル(4人×4,6人×2)が配置されてた。

建物内も調度品も使い込まれてて、窓上方には短冊風のメニューがいっぱい貼ってあって、レトロな感じ。

奧の厨房では60代位の男性が1人で働いてて、この人が店主のよう。接客係の女性1人とともに、店を切り盛りしてるよう。

 

空いてる席に座ってメニューを見た。かなりメニューは豊富。



壁の黒板には、本日のおすすめ定食が書いてあった。

ちょっと迷って、人気メニューのラーメン+チャーハン¥750、本日のおすすめ定食の酢豚+餃子¥850を注文した。



ラーメン+チャーハン ¥750

先にチャーハンが運ばれてきた後、ちょっとしてからラーメンが運ばれてきた。

チャーハンは、ハム、玉子、ごはんを、強火で手早く作ってあって、少し煙たくて香ばしかった。

ラーメンは、麺:少し透明感のある縮れた中麺、スープ:背脂の浮いてる混濁スープ、具:焼豚、メンマ、のり、煮玉子1/2だった。

トッピングに青みがなくて、地味でシンプルだが、背脂の浮いてるスープとつるつるした食感の麺が相性よくて、食べやすかった。


本日おすすめ定食:酢豚+餃子¥850

酢豚は、人参、玉ねぎ、ピーマン、豚肉が、とろみの濃いタレで絡めてあって、脇に厚めの皮で肉多めに入ってる餃子(4コ)が添えてあった。これに、ごはん、みそ汁(わかめ、油揚げ)、サラダ、漬け物がついてた。

どの料理もひとつひとつしっかり作ってあり、熱々だった。

メニューが豊富で、定食類やセットが¥1000以内で食べられる。気軽に入れて好きな料理を作り立てで食べられるので、まさしく学生街にぴったりの店。

■『鳳凰(ほうおう)』
 茨城県つくば市天久保2-2-4
 電話:029-853-4363
 営業時間:11:30〜15:00、17:30〜22:30

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る