先月、天久保に新規開店したインド料理店。

学生が対象らしく、ランチはバイキング形式で4種類のカレーが食べ放題で¥780。

2階建てアパートの1階が店になってる。平塚学園線に面してて、その反対側に14台位の駐車場がある。≫人気blogランキング

 
 

駐車場のフェンスに、平日:ランチ食べ放題¥780という大きな看板とインド料理の写真(品名・説明付き、価格表示なし)の看板が並んで掲示されてた。

ランチ食べ放題にひるみながらも、せっかくなので入ってみた。





横長の店内は、左手にバー&ドリンクカウンターと厨房がこぢんまりとあって、右手(店の4/5位のスペース)が客席になってた。

客席は、中央部分に仕切り壁によって、横長のブース的な客席コーナーが設けてあって、奧:平塚線の見える窓に面した席、中:仕切り壁で囲まれたブース席、手前:駐車場側の窓に面した席という3つのコーナーに分かれてた。



店内入ると、多数いた客の大部分が学生で、雑然としてて、まるっきり学生食堂みたい。

どうしたらいいのかわからず立ちすくんでいたら、左手のバーカウンター近くにいた接客係のインド人っぽい男性が気づいて、奧の空いてる席に案内してくれて、バイキングと片言の日本語とゼスチャーで、料理の並んでる場所を示すと、立ち去ってしまった。値段やメニューの説明は全くなかった。

バーカウンターと厨房の前あたりに人が並んでて、料理が陳列されてた。お皿は、ごはん用の大きな保温釜の脇に準備されてた。大きな白皿が1種類だけだったので、それを手に取って少し短くなってきたごはんの列の後ろに並んだ。



 

準備されてた料理は

 ・白いごはん(日本米)
 ・ナン(食べやすい大きさに切ってある)
 ・千切りキャベツのサラダ
 ・オレンジ色のドレッシング
 ・デザート
 ・カレー(日替わりで4種)
    キーマカレー
    チキンスープカレー
    豆のカレー
    かぼちゃ&じゃがいものカレー

これが食べ放題で¥780。飲み物付きではなく、+¥200でドリンクバーが付けられる。

ごはん用の大きな保温釜は、ずっと蓋が開いた状態で、そこから並んでる客が次々に大皿にごはんをよそっていた。

焼きたてのナンは、運ばれてきても、あっという間になくなってしまう。キャベツもすぐになくなっていき、周りの散らかり具合だけが気になってしまう。

何とか、ごはん、ナン、デザート、2種類のカレーをお皿によそって、席に戻った。





カレーは、4種ともかなり水っぽくて、合い盛りすると、お皿の上で他の料理とすぐに混じってしまう。

男子学生たちは、ごはんをてんこ盛りしてその上からカレーをたっぷりかけたり、ごはんを土手風に盛るなどしてカレーが混じらないようにしてたり、各自工夫してた。

チキンカレーは、スープカレーというだけあって、大部分がスープのカレーで、下の方に鶏肉、大根、人参などが沈んでた。

キーマカレーは、挽肉だけのシンプルなカレーだった。挽肉なので、具は早い者勝ちにはならないので、ルーとのバランスが他のカレーより良かった。

かぼちゃ&じゃがいものカレーは、かぼちゃの色とカレーの色との相乗効果で、きれいな色なのに粉粉した食感のマイルドなカレーだった。

豆のカレーは、いちばんぽってりしてた。

どれも、水分が多い印象で、スパイシーさは控えめだった。食べ放題のためかも。

ナンは、焼きたてをカットされてから運ばれてくるので、熱々ふわふわ感は損なわれててる。

六本木に同じ店名のインド料理店がある。
そこは、カレー4種、タンドリーチキン、ドリンク付きで¥1000とのこと。系列店だとしたら、つくば店はドリンク付きで¥980なので、地価などを考慮すると、値段設定は高い気もする。

一度に4種類のカレーが食べられて、食べ放題で¥780は一見安く感じる。しかしよく考えると、つくばの他のインドカレー店では、ランチは¥800前後で、ナンはお代わり自由の店が多い。カレーはお代わりできないが、具はしっかり入って、スパイスもしっかりきいてて、ゆったりできるので、よほど大食いでなければ、この店の方がお得にはならないだろう。

筑波大学に近いので、学生が仲間と気軽に思いっきりたくさんカレーを食べたい時に便利な店。

■インド料理『JEWEL OF INDIA』
 茨城県つくば市天久保3-10-16 横田ハイツ1F
 電話:029-828-5540
 営業時間:11:00〜23:00

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る