つくばでよく話題になるカフェ。ねこをモチーフとした食器、小物などがいっぱいあることで有名。

市の中心から離れてるが、西大通りから西に100m入ると店がすぐ見える。

木立に囲まれて建ってる薄茶色の建物は、窓枠の白が映えてておしゃれ。≫人気blogランキング

外壁にくつろいだ白いねこと店名が描いてあった。建物脇〜後ろ側に20台分位の駐車場があった。



玄関までくると、すぐ脇に作ってある石板の上を水が流れる仕掛け(池?)から、水音が涼しげに聞こえてきた。玄関の真上には、大型のリースが飾ってあった。



1つめのドアを入ったところに、ランチメニューが掲示してあった。カレーやチキンカツなどは定番料理のよう。夏野菜カレーor異国のカレー、どちらにしようか悩みながら、もう1つのドアを開けて店に入った。



店内は奥に長い形。右手に厨房とそれに面したカウンター(11席、奥行きのあるカウンター板)があり、左手には窓に寄せるようにテーブル(4人×3,2人×3)が配置されてた。奥の窓際にも、ゆたっりしたカウンター(11席、カウンター板がPみたいな形)があった。

床がこげ茶の板張り、壁が濃淡のあるサーモンピンク色の店内は、照明&調度品がヨーロッパ調で、優雅な感じ。

カウンター席は床が一段高い位置にあって、ハイバックチェアがゆったり配置してあって、特等席のよう。

テーブル席側は、天井が高く、むきだしの梁や回転してるファンが見えて、開放感があってのんびりできる。

あちこちに、飾ってあるねこちゃんたちを見てると、何だかやさしい気持ちになってくる。

 
 

ちょっと考えて、おおきいチキンカツランチと特製夏野菜カレー各¥1000(スープ、サラダ、デザート、ドリンク付)を注文した。


 スープ

最初に、シンプルなコンソメ風スープが運ばれてきた。



 おおきいチキンカツランチ ¥1000

やや待って、おおきいチキンカツが運ばれてきた。
チキンカツは鶏胸肉(たぶん皮なし)をしっかり濃いめの色で揚げてあって、表面がサクサクしてた。脇にサラダとソースが添えてあった。

玄関入って、すぐ右手のケーキのショーケース(販売してる)を見に行った時、すぐ奥の厨房内で40代位の女性(普通のお母さんって感じの人が2人)が働いてるのが見えた。

ライスは、ねこの姿を形取った白皿によそってあった。脇に漬物が添えてあった。



 特製夏野菜カレー ¥1000

夏野菜カレーは、とろみのないルーが、思ってたよりずっとスパイシーだった。カレー粉を炒めて作ってある感じのスパイシーさは、馴染があって、日本米にぴったり。揚げたり、茹でたりした野菜(かぼちゃ、いんげん、なす、おくら、パプリカ、素ズッキーニ、れんこん、ミニトマト)がトッピングされてた。


 デザート:タピオカ

ココナッツミルクの甘さとタピオカのつるつる感で、口の中がさっぱりした。


 紅茶&コーヒー

店内は、冷房が少し控えめの温度設定になっていたのに、手を洗いに行った時トイレの冷房はしっかり効いていたので居心地がよかった。

英国調を思わせるおしゃれな雰囲気の中で、家庭的でありながら手間のかかった料理が食べられる。お手頃価格でドリンクとデザートも付いてくるので、のんびりリフレッシュできる。おすすめ度は、7.2。

■『cafe de しっぽな』 →つくばカフェリストへ
 茨城県つくば市北中島424-6
 電話:029-836-6596
 営業時間: 11:00〜21:00
 ランチ:11:00〜15:00
 定休日:火曜日

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る