豊里庁舎の200m程南の、広い道路沿いのラーメン店。

ここは、以前『津軽ラーメン』だった店舗。店名の「いやどうも」とは、茨城弁で、軽い挨拶や「すいません」という感じでよく使う言葉らしい。

店頭の赤い看板には、その店名が白文字で書かれてる。ひらがななので、読みやすいし、入りやすそうな印象。≫人気blogランキング

ラーメン店としては珍しい白&グレーのストライプの暖簾を潜って店の中に入った。



店内は、右奥が厨房とそれに面したカウンター(4席)があって、手前にテーブル席(4人×2)、小上がり(6人×2)になってる。左手側には少し奥まった感じで宴会できそうなお座敷があった。

入ると、カウンター脇にいた接客係の女性従業員が2人が迎えてくれたので、空いてる席に座った。

カウンターのところ(厨房との境界)には、簾が掛かっていたたり、壁の棚には雑誌があったり、接客係の女性は2人とも主婦っぽくて、家庭的でざっくばらんな雰囲気。

 
 

テーブル上にあったメニューは、ファミレスのようにカラー写真入りで見やすかった。ラーメンは、醤油系:細麺、みそ:太麺と記載されてたので、中華らーめん¥550、みそらーめん¥550にランチサービスの餃子と半チャーハン各¥200を加えて注文した。

厨房内には(客席から見えにくくなっていたが)黒っぽいTシャツを着た男性が2人いた。30代位の男性はカウンター越しに、冷蔵庫下のトレイの水を捨てるようになど接客係の女性に、細かい指示を出したり、麺を茹でたりしてて店主のよう。姿の見えないもう一人の男性が、チャーハンなどを作っていた。

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。


 中華らーめん ¥550

麺…縮れた中細麺、黄色濃いめ
スープ…油分控えめ、和風だし
具…焼豚、メンマ、わかめ、なると、のり、ねぎ

運ばれてきたらーめんは、スープの量がやや控えめなだけれど、麺が見えないくらいトッピングがたっぷりだった。澄んだスープは、だしが和風で食べやすかった。たっぷりのわかめの香りによって、磯風味ラーメンの感じ。


 ランチ餃子 ¥200

ランチタイムは、ラーメンを注文すると餃子(5ヶ)が+¥200で付けられる。香ばしい焼き色のついた餃子は、具がやわらかだった。


 半チャーハン ¥200

卵、焼豚、長ねぎなどが入った半チャーハンは、シンプルに作ってあるせいか、何だか昔懐かしい味。


 みそらーめん ¥550

麺…縮れ太麺
具…茹で野菜(もやし、玉ねぎ、人参)、白&黒ごま、ねぎ

みそらーめんは、茹でた野菜がこんもりトッピングされてて、もやしの白に、人参ーオレンジ、長ネギー緑、スープに浮かんだ白&黒ごまが映えてて、みそらーめんとしては、ボリュームがあるのに楚々として上品な印象。

もやしの上には、みじんぎりの生姜&ニンニク(混ぜたもの)が大さじ1杯近くかかっていた。最初は取り除きながらシンプルな味噌味を、後半は混ぜながら味噌&にんにくコクのある味を楽しんだ。

もやしの鮮度がよかったので、茹でただけなのに、くさみなくシャキシャキした食感が楽しめた。普段にんにくを入れたラーメンは苦手だったが、(瓶詰めのおろしにんにくは超苦手)刻みにんにくに生姜が混じってたので、意外に爽やかに食べられたのにはびっくり。でも昼食にこんなにたっぷりにんにくを食べちゃったので、午後は外出を控えた、、、

思ったより庶民的な価格で、見た目も味もなかなかバランスのとれた充実した料理が食べられた。このあたりでちょっと食べたい時にとっても便利な店。おすすめ度7.1。

■らーめん『いやどうも』
 茨城県つくば市野畑中西786-3
 電話:029-847-7270
 営業時間:11:00〜15:00、17:00〜23:00
     (日曜〜21:00まで、日・祭は中休みなし)
 定休日:月曜日(月が祭日の場合、休みは翌日)

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る