土浦駅西口から線路沿いに北に100m位行ったところにあるとんかつ店。

「Patio(パティオ)」という大型レジャー施設(パチンコ、ゲーム、カラオケ、ネットカフェなど併設してる店)の隣のビル1階にある。

この辺りは、古い駅近くらしい混雑の漂う地域。そんな中、新旧の建物が建ってて、ひしひしと再開発の難しさが感じられる。≫人気blogランキング



表の間口が一間しかないので小さな店に見える。しかし、紺地の暖簾を潜って入ると、窓がほとんどない店内は薄暗いが、想像してたより3倍くらい広かった。



店内左手は広めの厨房で、60代位の男性と、40代くらいの男性がいて、2人は親子のよう。

店内右手が客席は、暗めだが、観葉植物や和紙人形などが飾ってあって、女性の配慮の感じられて家庭的な雰囲気。額に入った蝶羽絵は、飲食店にはふさわしくない感じもするがノスタルジックな感じ。中央部分にはテーブル席(4人×7)、壁際が小上がり(4人×5)になっていた。

40代位の女性にどうぞと言われて空いてる席に座った。この女性、厨房にいた40代の男性の奥さんのよう。父と息子夫婦で切り盛りしてるよう。

 

テーブル上にあったメニューから、松とんかつ定食¥950とロースかつ定食¥1400を注文した。(玄関脇の黒板に書かれたランチメニューは、平日用みたい)。


 松とんかつ定食 ¥950


 ロースかつ定食 ¥1400

松とんかつは、少し小ぶりのとんかつだった。肉質の少しかための豚肉が使われてた。

ロースかつは、大きめの丸皿にちゃんとした大きさのとんかつが盛り付けてあった。肉質柔らかで、国産豚肉かも。

松とんかつもロースかつも、ソースがかかった状態で運ばれてきた。テーブル上にソースが準備してあるんだから、食べる直前に自分でかけた方が、衣が香ばしいまま食べられるような気はするけれど、面倒くさがりなおじさん客にはいいかも。



定食には、ごはん、豚汁、小鉢(冷やっこ)、漬物が付いていた。

ごはんは、塗りの器にたっぷりめによそってあった。豚汁は、大根、人参、油揚げ、豆腐などが入ってて、家庭的な味だった。

帰り際、作業着姿の男性グループが入店してきたが、常連客のようだった。玄関脇のランチメニューがこの日は無いと聞いてちょっと残念そうだった。

昔から駅近くで繁盛してた店の感じ。時代の流れを感じさせる。平日はお手頃価格でとんかつ定食が食べられるみたいで、土浦駅に行ったときには便利な店。

■とんかつ『ふかわ』
 茨城県土浦市大和町2-26
 電話:029-821-1587
 営業時間:11:00〜20:30

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る