阿見町の老舗ラーメン店。ジャジャメンが有名。阿見町役場の通りの300m南(関東つくば銀行の隣)にある。

民家っぽい建物外壁に薄黄色の帯状の看板がグルッと回してあって、赤い文字で店名が表示してある。チャイニーズにしては派手さのない外観は庶民的で。

店の前は、さほど広くないが、詰めて歩道にも止めれば5台位駐車できそう。≫人気blogランキング



端の方に車を止めて、店内に入った。
店内は、横長の長方形型で、右手に厨房と厨房に面したL字のカウンター(8席)があって、中央にテーブル席(4人×2)、左手の窓際には小上がり(4人卓×2)になっていた。

床面は、外との段差がなく、ふらりと気兼ねなく入れる感じ。カウンター、小上がりのテーブル、丸椅子などが赤色で、壁に、韓国っぽい額が幾つか掛かっていた。

カウンター内の厨房で働いてた、50〜60代位の男性と女性が店主夫婦かも。接客担当の50代位の男性(1人)は、店主と面影が似てたなので、身内かも。

 

空いてる席に座って、メニューから、この店自慢の“伝説の味”のジャジャメン¥700、ラーメン¥400、ぎょうざ¥350を注文した。(ケーブルTVで紹介されたとあるが、何年も前のことのようだが、阿見町にはそんな昔からケーブルTVがあるとは意外!)


 ラーメン ¥400

麺…細いウエーブ麺
スープ…透明、油分控えめ
具…焼豚1枚、メンマ、ほうれん草、ナルト、のり、ねぎ

先に運ばれてきたラーメンは、作りたての熱々で、透明感あるスープ表面に、控えめな量の油分がキラキラ光ってて、焼豚、ほうれん草、メンマなどが彩りよくトッピングされてて、昔ながらの支那そばのイメージだった。

焼豚は小さいながらも、手作りっぽい食感で、ほうれん草も冷凍品ではなく、想像してたよりずっと丁寧に作られたラーメンだった。充実したラーメンがたった¥400とは驚き。


 ジャジャメン ¥700

ジャジャメンは、店主がカウンター内でダイナミックに油煙をあげながら調理していた。

麺の上に、トロミの付いた超熱々スープ&具(白菜、豚肉、ナルト、ニンジン、たけのこ)がかかっていて、唐辛子風味の効いた濃い色のアンは、豆鼓(トーチ)のようなコクがあって、本格チャイニーズを食べてるような気分!

麺は、ラーメンの麺と同じ細いウエーブ麺で、トロミの付いたスープとよく絡んでて、みずみずしいのにちゃんと火が通ってる白菜は、油通しならではチャイニーズの醍醐味が感じられる食感。茎の部分が細切りされてて食べやすかった。

最近、ラーメンの上にゆで野菜をトッピングしてる店が多いが、外食するんだったら、油通しなどプロの技が料理に生きてる店の方が断然いい!


 ぎょうざ ¥350

厚めの皮がもっちりした食感のぎょうざは、6ヶ入りなのでうれしかった。

驚いたことに、家族連れ、1人で来店した男性客、次々来店する客のほとんどが、ジャジャメンorジャジャメン大盛りを注文していた。

シンプルだけれどリッチな内容のラーメンがあるので、小さな子ども連れで行っても、阿見の風土料理(?)ジャジャメンがゆっくり味わえそう。おすすめ度7.1。

■『金門飯店』
 茨城県稲敷郡阿見町中央1-6-30
 電話:029-887-2619
 営業時間: 11:00-14:00
 定休日: 水曜、木曜

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る