かすみがうら市だが、石岡市の近くにある蕎麦店。

旧八郷町に行く途中、道路沿いに幟が並んでて、気になってた店。このブログの書き込みで紹介されて店名がわかった。2005年12月、新規オープンした店のよう。

書き込みで勧められたので、つい行ってしまった。≫人気blogランキング



逆Y字になった三叉路の手前に、道路脇の物置っぽい建物に隠れるように店があった。看板があったけれど、思わず通り過ぎてしまった。2本の道路に挟まれた敷地へは、両方の道路から入れるようになってた店頭の敷地内の庭ような場所の駐車場(10台弱くらい?)に車を止めた。

付近は果樹園が多く、広い敷地の民家もあって、農業を生業としてる家も多いのかも。



玄関扉が2重になっていた。最初の扉を入ると、すぐ右手にそば打ち部屋があった。2つめの扉を開けて、中に入ると、店内は横長で、黒い梁がむき出しになってる天井は高く、窓枠には焼き物、柱時計などが飾ってあって、民芸調の雰囲気。

奥中央が厨房、その手前が大テーブル席、両脇がテーブル席になってた。厨房には、がっしりした体型と容貌が似通った兄弟っぽい50代位の男性が2人いて、年上の男性が店主のよう。気さくな感じで迎えてくれた女性(20代後半位?)は店主の娘さんのよう。赤ちゃんもちょっとだけいたので、おばあちゃんに預けて店を手伝ってるのかも。

どうぞと言われたので空いてる席に座ってメニューを見た。

 

 

限定のしずくそば¥1400と十割そば¥900、山女魚の天ぷら¥450などを注文した。

厨房では、店主がそばを茹でていて、もう1人の男性が天ぷらを揚げていて、役割分担がスムーズ。時折接客係の女性をまじえてにこやかに話をしながら作業していて、家族的な和やかさが感じられた。

最初に小皿で自家製カリカリ梅(ほんのりした甘さが酸っぱさを抑えた、食べやすいカリカリ梅だった)が運ばれてきた。ちょっと待って、料理が出来上がった。


 天然山女魚の天ぷら ¥450

山女魚は丸ごと衣を付けて揚げてあった。大きめ(20cm位)サイズだったので、箸で真ん中辺りで切り分けてから食べはじめた。白い身はふっくらしていて、鮮度がいいせいか、くさみがなかった。川魚は普段あまり得意ではないが、抵抗なく食べられた。内臓は除去してあったみたいで、頭と固い骨の一部も、全部食べられた。


 山野草の天ぷら ¥650

山野草の天ぷらは、角皿に山盛りの状態で運ばれてきた。クズ、ウド、クコ、釣
鐘ニンジン、コゴミなどの盛り合わせとのことだったが、ぜんまいに似たコゴミくらいはわかるが、葉っぱ類はどれがどれだかわからず、帰ったら植物図鑑で調べなくちゃ!って思った。


 しずくそば ¥1400(限定10食)

しずくそばは、御野立庵おすすめ品とのこと。
深鉢に入っていて、麺が見えない程、こんもりトッピング(赤紫蘇、青しそ、とろろ昆布、糸削りの鰹節、岩のり、せん切り大根、小ネギ、梅干しなど)が施されてて、ボリュームがあるのにさっぱりヘルシーな究極のぶっかけそばって感じ。



 十割もりそば ¥900(限定5食)

十割そばは、少しざらざらしてて、口に含むとやわらかな香りが感じられた。デザートが添えてあって、うれしかった。



素朴な味わいの自家製の梅干しなどが入ってることによって、メニュー構成や雰囲気が個性的なそば店。店主が笑顔で接客してくれるなど、大らかさが感じられる店内は、とても居心地がいい。天然の山女魚や、豊富な山菜の天ぷら、しずくそば、など、蕎麦以外にも多彩な料理が楽しめる。季節によってメニューも変わるようで、何度行っても楽しめそうな店。

■手打ちそば『御野立庵』
 茨城県かすみがうら市中志筑1571-1
 電話:0299-23-5000
 営業時間:11:00〜15:00頃(平日)
      11:00〜16:00頃(土、日、祝)
 定休日:月曜日、第3火曜日

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る