土浦ピアタウンの東側にある釜飯&串揚の店。

つくばは、釜飯店が少なくなってしまったので、土浦まで行ってみた。

土浦市民会館の前を通りすぎて、共同病院西側の小路を曲がって200m程行った所にある。≫人気blogランキング



和洋折衷のカラフルな2階建ての建物で、外壁に『ぬくもり館』とピンクで表示してある。

『みょうがや』の看板の掛かっている1階店舗は閉まってたので、てっきり営業してないと思ってすぐに帰ろうとしたら、階段脇に営業中の札とメニューがあるのが見えた。店は2階にあって、営業中だった。

建物前の共同駐車場(20台位)に車を止め、階段を上って2階へ行った。



2階に上がると、眼前にあるドアには“事務所”と表示されてた。店はどこ?と思ったら、すぐ右側にあるベランダとの境界に、白い暖簾が掛かってた。この階段とはUターンするような位置にある暖簾を潜り、敷石の敷いてある箱庭風の空間を2〜3歩進み、その先にあったガラスの引き戸を開けて、中に入った。



入ったところは、長いすなどが置いてある通路っぽい空間だった。店内の様子が見えないので、通路の形状に従って、先の方に進んでいくと、レジがあって、レジ右手の窓側に小上がり(4人×5)小上がりと通路を挟んだ奥側に厨房と厨房に面したカウンター席があった。

レジを過ぎたところで、気づいてくれた女性従業員に迎えられて、空いてる席に座った。



窓の外の細長のベランダには木々が植えてあって、狭いながらも和風庭園って感じ。
店内は、華美さのない落ち着いた雰囲気。置いてある黒いテーブルが女性好みのシックな印象。

 

 

メニューから、平日限定の串揚げランチ、釜飯ランチ各¥980を注文した。

串揚げランチのごはんは釜炊きで、白飯、グリンピースご飯など4種の中から選べるとのことだったので、五穀米をチョイスした。

釜飯ランチの釜飯は、6種の中から五目釜飯をチョイスした。



ちょっと待ってたら、小鉢、茶碗、みそ汁、漬物を載せた小ぶりのお盆が運ばれてきた。そのすぐ後に、釜と砂時計(黄色い砂、3分計)が運ばれてきて、砂時計の砂が全部落ちてから食べて下さいと言われた。

小鉢は、茄子の煮浸し(とろろがかかってた)で、だしの味がちゃんと浸みていた。

 ◆釜飯ランチ¥980(釜飯、小鉢、みそ汁)


五目釜飯は、鶏肉、ふき、竹の子、海老、しいたけ、錦糸玉子、三つ葉の入っていて具だくさんだった。お茶碗によそいながら、釜肌のおこげまできれいに食べた。

 ◆串揚げランチ¥980(釜ご飯、串揚6本、小鉢、みそ汁)




串揚げは、釜炊きの五穀米と一緒に3本(海老、うずら、ねぎと豚ひれ肉)が運ばれてきた。この3本をちょうど食べ終えた頃、女性従業員が残り3本(ししとう、たこ団子、白キス)を持ってきてくれて、お皿に載せてくれた。分けて運んでもらえたので、揚げたての串揚げが楽しめた。


 コーヒー

ドリンクは11種から選べた。無難にコーヒーをチョイスし、ゆっくたりランチを締めくくった。

ランチ以外のメニューにも興味があったので、数日後再び行って、串揚御膳¥1280とみょうがや御膳¥1680を注文した。



先に、小ぶりなトレイで、茶碗蒸し、茶碗、みそ汁、漬物が運ばれてきた。


 
お昼の御膳は、好きな小鉢(総菜)を好きな量(食べられる量)選べるようになっていた。10数種の中から、5つ(茄子の煮浸し、サーモンマリネ、厚焼き玉子、サンマ煮物、サラダ)を選んだ

 ◆串揚御膳 ¥1280




串揚御膳のご飯は、むかご飯(やまいもの実)を選んだ。やまいもの実はチョコボールみたいな茶色の実で、中は里芋みたいに白くてぬめりが少しあって、皮の部分には渋みが感じられた。

串揚6本(海老、うずら、アスパラ1本肉巻、おくらチーズ、白キス、ねぎと豚ひれ肉)は2回に分けて持ってきてくれたので、揚げたてを食べられた。

 ◆みょうがや御膳 ¥1680



釜飯は穴子釜飯をチョイスした。

串揚げ4本(海老、アスパラ1本肉巻、おくらチーズ、ねぎ豚ひれ肉)は釜飯と同時に運ばれてきた。穴子釜飯は、穴子がたっぷり入っていて満足できた。


 アイス&コーヒー


 わらび餅&オレンジジュース

デザート(アイスorわらび餅)付きだったので、一層満足できた感じ。

土浦のこんな隠れたところに気軽に食べられる釜飯屋があったとは意外。揚げたての串揚げも考えてみたらつくばにはあまり無い気がする。炊きたてご飯&揚げたて串揚をお手頃価格で楽しめて重宝する店。おすすめ度は7.2。

■旬彩『みょうがや』
 茨城県土浦市真鍋新町13-1
 電話:029-835-6700
 営業時間:1100〜15:00、17:30〜21:00
 年中無休
 
応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る