テクノパーク桜にある洋菓子店。以前はマンション1階のテナントにあったが、2006年10月に東南500mの場所に新築移転した。

新しい店舗は、3色(こげ茶、薄茶、白)のパーツを組み合わせて造ったような凸凹のある個性的な感じの一戸建て。≫人気blogランキング





建物脇の駐車場からは、正面玄関とは別の入れるようになってた。屋外テラス席の脇に“open”の札がある白い扉があった。



入ると、かわいいテーブルと椅子が置かれたカフェコーナーになっていて、左手に、ケーキ用の広い厨房と、その脇にカフェコーナー用ドリンクを販売してるミニスタンドがあった。



カフェコーナーの奥が、ケーキ販売コーナーになってて、ショーケース内に生クリームやフルーツがトッピングされたカラフルなケーキが陳列されてた。



右手には、ドライケーキやゼリーなどの販売コーナーがあった。
厨房には、白い調理着姿の従業員が3〜4人いて、片づけ作業などをしてた。販売係の若い女性従業員(2〜3人)はカジュアルなピンクのシャツ&黒い帽子を着用してて、これがユニフォームみたい。

ちょと迷いながら、30種位あるのケーキの中から7つを購入した。


 上右から:ティラミス    ¥380
      オレンジのタルト ¥340
      モンブラン    ¥340
 下右から:アップルパイ   ¥300
      ショコラティーヌ ¥320
      ガトーショコラ  ¥320
      フルーツロール  ¥300

ティラミスは、たっぷり含んだコーヒーが、スポンジから浸みだしてるような感じで、その苦さが大人の味だった。
オレンジのタルトは、皮付きオレンジが重なるようにトッピングされてて、ほんのり苦みが感じられた。

アップルパイは、表面にゼリー状のシロップが厚めにコーティングされてて、つやつや輝いてた。リンゴの下の生地は、スイートポテトのように密度があった。

ショコラティーヌは、トッピングされてた生クリームは少しかためで、チョコレートの重量感のある、しっかりした甘さのケーキだった。

ここのケーキは少し小ぶりでかわいらしいが、どっしりした質感と濃厚な甘さがあるので、見ため以上にケーキを食べたって気持ちになれる。

■フランス菓子『AELES』
 茨城県つくば市桜3-1-8
 電話:029-857-7531

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る