長崎ちゃんぽんチェーン店。茨城県牛久市にある支店に行った。

教会を思わせる尖塔(鐘塔)のある異国情緒漂う建物で、大通りに面してて目立つ。

店の裏手に駐車場があった≫人気blogランキング

(株)リンガーハットは、1962年(昭和37年)、長崎市で『とんかつ浜勝』として創業。1974年(昭和49年)、長崎ちゃんめん(現、長崎ちゃんぽん)とぎょうざが主力商品のチェーン店『リンガーハット』の1号店を長崎市にオープンした。1982年(昭和57年)社名を浜勝からリンガーハットに変更し、『リンガーハット』、『とんかつ浜勝』を主軸にFC展開し店舗数を拡大。現在では九州、中国、関西、関東に600以上『リンガーハット』の店舗がある。



入るってすぐは、レジ&待合い風のスペースで、その先に左手に広めの厨房があって、厨房とはガラス戸を隔ててカウンター(6席)、右手の窓に沿うようにテーブル(2人×14)が配置されてた。

客席は、3方向が窓になってて、おもったよりこぢんまりしてたが、明るくてファミレスみたい。広い厨房には、おばさん従業員が1人いた。

空いてる席に座ると、もう1人のおばさん従業員がメニューを運んできてくれた。





ランチメニューは、スタンダードなちゃんぽん・皿うどんと、餃子・めんたいしらすごはん等との組み合わせて、通常より¥50〜80割安になってた。

ちょっと考えて、長崎ちゃんぽんと皿うどんを注文した。

店内には、カップル客、1人で来てる男性など、客が数組いた。ほとんどの人は、ちゃんぽんの他に、餃子orチャーハンも食べてた。


 長崎ちゃんぽん ¥450

ちゃんぽんは、浅めの丼によそってあった。白濁したスープは、まろやかで、いかにもちゃんぽんって感じ。カラフルな具(キャベツ、もやし、きくらげ、人参、コーン、きぬさや、かまぼこ、イカ、海老など)の下には、太めの麺が入っていて食べ応えがあった。


 長崎皿うどん ¥450

皿うどんは、細い揚乾麺の上から、とろみの付いた具がかけてあって、ぱりぱりした食感でスナック感覚で食べられた。

ちゃんぽん・皿うどんは、中華がベースになった長崎の郷土料理で、鍋1つで料理できる簡便さと栄養満点さで庶民に普及した料理。

鎖国時代、日本で唯一の異国文化を受け入れ、独自の味を培ってきた長崎ならではの味が、思わず楽しめた。野菜がたっぷりで、肉も魚介類も入ってて盛りだくさんの味が、たった¥450とは庶民にとってはうれしい店。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『リンガーハット』茨城牛久店 お店のHP
 茨城県牛久市上柏田3-45-13
 電話:029-830-7107
 営業時間:11:00〜深夜1:00