つくば牛久IC近くにある伊&仏+和も取り入れた創作料理の店。
建物は、三角や四角の積み木を組み合わせたようなモダンな外観。≫人気blogランキング

店の中に入ると、右手が厨房になってて、左手は客席になってた。



客席と厨房の間は、白い棚を境界に分けてあった。左手の客席は、壁や調度品を白で統一してて、彩りは、仕切り壁に埋め込まれた小さなステンドグラスと飾ってある花だけで、シックな雰囲気になっていた。(厨房側は、リキュールのビンが並んでたりしてた)

客席側にあった小さな丸窓(1つ)が、絵の具のパレットの形を思わせ、店内をパレット、料理を色彩と見立てて造った店のよう。

エンヤの曲が流れてて、店内に漂う透明感を一層ひきたててる感じ。

外観よりこぢんまりした店内に、テーブル(2人×5,4人×4)が縦向きや横向きに配置されてた。



女性従業員に案内された席に座り、ランチメニューを見た。

ランチは3種
Aランチ:パスタ¥1300…一口前菜付
Bランチ:肉or魚¥1500…有機野菜サラダ、パンorライス付
Cランチ:肉&魚¥1800…オードブル、パンorライス付

Aランチ¥1300を(パスタは4種から選べた)イカとインゲン豆のトマト味パスタで、Bランチ¥1500を肉料理で注文した。

厨房では、30代位(席からから見た印象)の男性が料理を作っていて、この人が店主かも。接客係の女性は3人位いて、ユーミンを幾分ふっくらさせたような女性を中心に、一部厨房の作業も手伝いながら、ゆったり働いていた。


 Aランチ:一口前菜

前菜は、一口というだけあって、小ぶりな皿に控えめな量よそってあった。食べてみると、ごぼうをマヨネーズで和えたサラダで、竹の子も少し混じっていた。周りには、黒ごまソースが添えてあり、全体にかけてある黒胡椒が、全体をピリッと引き締めていた。


 Aランチ:イカとインゲン豆のトマト味 ¥1300

スパゲッティは、白い大皿にたっぷりめに盛られてて、見栄えがした。仕上げに胡椒がふりかけてあった。

使われてたパスタは、茹でやすい細めのタイプのもので、玉ねぎ、インゲン豆、イカ(げそ)がトマトソースとよく絡んでいた。


 Bランチ:有機野菜サラダ

有機野菜サラダはカラフルで、たっぷりめだった。


 Bランチ:若鶏のポワレ和風大根ソース ¥1500

四角い皿に、大根おろしっぽいソースのかかった若鶏が盛られ、回りに5種(ブロッコリー、ほうれん草、おくら、グリーンアスパラ、青梗菜)の緑色野菜とミニコーンが置かれてた。カラフルなサラダとは対照的にモノトーンの色彩。

大根おろしっぽいソースは、バター味が効いてて、和&洋な個性的な風味で、たっぷりかかっていた。


 Bランチ:パン


 AとBランチ:デザート

 

女性従業員は髪をゆったり結んでいて、長い髪が歩くたびに揺れていた。

店内は、おばさまからおばあさまに移行しつつある年代の女性客で、ほぼ満席だった。

近くの席に座っていたおばさまは、有機野菜のサラダ仕立てパスタが目の前に運ばれてくると「うわ〜、すっごいい〜!!」と、とても感激してた。これは、大皿にカラフルなサラダが、下のスパゲッティも見えないくらいたっぷり盛り付けられたパスタで、どうやらサラダは冷たいのに、下のスパゲッティは温かかったため、食べはじめた時、予想とは違った食感に驚いて、また歓声をあげてた。

つくばの女性客に人気のある店の共通点を考えてみた。

・ヘルシー、健康志向、有機栽培というフレーズ
・おしゃれな雰囲気
・値段は高め(2000円前後)
・隠れ家的雰囲気(おじさんたちが昼食に来ない)
・料理はボリュームたっぷりで、華やかな盛り付け
・デザートも、たっぷり盛り合わせで華やかな盛り付け

以上の要素がある店が、おばさまに人気があるようだ。

この店も、上記の要素がかなりあり、人気があるのが納得できる。のんびり豊かな気持ちでおしゃれに食事を楽しむのに向いている店。

■食彩工房『PALETTE』 →つくばレストランリストへ
 つくば市市之台120-8
 電話:029-836-8899
 営業時間:11:30〜14:00(LO)
      17:00〜20:00(LO21:00)
 定休日:水曜

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る