JA土浦の新治直売所の中にあるそば店。

125号沿いの大きな黄緑色の屋根が目立ってる建物で、野菜直売所とそば店が併設されてる。外には、お花や苗木が陳列・販売されてた。

野菜の買い出しがてら、出かけてみた≫人気blogランキング


そば店は、駐車場側からも、野菜直売所からも入れるようになっていた。野菜直売所の方からガラス越しにのぞいてみたら、広めの店内に、4人用テーブルが13コくらいぎっしりめに配置されてて、窓際にはカウンター(10席)になってた。日曜だけど11時頃で席は半分もうまってなかったので、野菜を買ってからそばを食べることにした。

野菜直売所もかなり広くて、野菜、もち、漬物、そば粉などいろんなものが陳列されてた。控えめに買うつもりだったのに、見て回ってたら、新鮮かつ安価だったので、思わずカゴに入れてしまっていた。結局、うど、竹の子、葉玉ねぎ、そば茶などを買い込んでしまった、、、。

慌ててそば店に向かうと、すでに満席状態になってしまっていた。ガ〜ン。野菜に目がくらんだことを後悔しつつ、待ち席に座って、席が空くのをまった。





店内は、飾り気がなく、市場の食堂の感じ。壁にメニューが多数貼られててた。場所柄か、年配のカップル客が多かった。4人用席を2人で使っている人が多くて、相席はしないシステムのよう。

ちょっと待ってたら、食事を終えて話し込んでいた男性グループ客が席を立った。すると接客係の女性が、あっという間にテーブルをかたづけると、名前を呼んでくれた。

厨房や接客係として10人位の女性が働いていた。みんな普通の主婦のような感じの人で、赤いエプロン&三角巾を着用して働いてた。



席に着いて、メニューを見た。
ちょっと考えて、天ざるそば¥750、まほらけんちんそば¥800、鴨なんばん¥850を注文した。急に思い立って、あげもち(単品)¥150を追加した。


 あげもち ¥150

ぷっくり膨らんだもちは、揚げもちらしく、ちょっと油っぽかったけれど、醤油を絡めて食べると、とても懐かしい味がした。


 天ざる ¥750



天ざるは、人気メニューのようで、食べてる人が多かった。
薄茶色のそばは、量たっぷりめによそってあって、ボリュームたっぷり。そばは、形、長さが整ってて、ちょっと波打ったようになっていたので、機械打ちかも。脇には、色白に揚げられた家庭的な野菜の天ぷらが添えてあった。天ぷらの野菜も、こんなにあるのと思うくらい量がたっぷりだった。


 まほらけんちんそば ¥800

けんちんそばは、普通のそば店のよりもひとまわり大きい器に入って来た。大根、人参、油揚げ、鶏肉、ヒラタケ、などの具がたっぷりトッピングされてて、大変なボリューム。具の下から、そばを引っ張り出しながら食べた。味付けは、ちょっと甘めで、素朴な味わいだった。


 鴨なんばんそば ¥850

鴨なんばんは、おしゃれだが、けんちんそばよりもさらに大きな丼に入っていた。(写真で見えるより大きい)。縦切りした長ねぎとちょっとかための鴨肉がいくつか入っていて、味付けはちょっと甘めのものだった。

直営農園(まほら庵農園)で作ってるそば粉を100%使用してる。野菜も豊富に調達できるためか、割安価格でボリュームたっぷりのそばが楽しめる。野菜とそばをたっぷり食べたい人にぴったりの店。

■『まほら庵』
 茨城県土浦市藤沢514-1
 電話:029-862-3573
 営業:10:30~15:30 
 定休日:水曜

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る