牛久市にあるそば店。和風で、庶民的な風情の建物。一万十七石というのは、江戸時代の牛久藩の石高だそう。

この通りには、いろんなチェーン店が並んでて、この店だけ古き時代の面影を残してる感じ。玄関の右脇にある窓を覗いたら、中はそば打ち部屋だった。

店の前に数台分の駐車場があった≫人気blogランキング



玄関の引き戸を開けて入ると、テーブル席(4〜6人用×4)がゆったりめに配置してあった。奥は座敷席になってて(6人用×2)、普段はしまってるが、その奥にもうひとつ8畳くらいの座敷席があるそう。右手が厨房になってた。

接客にまだ慣れていない感じの若い男性(20代半ば位?)が迎えてくれた。

牛久藩一万十七石4


空いてる席に座って、メニューから天ざる¥1500と鴨せいろ¥1100を注文した。

若い男性従業員の対応はとても生真面目。頑張ってるって姿で好感がもてた。

厨房には、店主らしき男性1人と女性2人(店主の奥さんと、もう1人)が働いててた。家族経営的なので、接客してくれた男性は、この店の若旦那(修行中?)かも。


天ざる ¥1500

ちょっと待って、天ざるが運ばれてきた。
そばは、光沢があって量もたっぷりめによそってあった。食べるとつるつるのどごしがよかった。上にはパリッとしたのりがトッピングされてた。

天ぷらはボリュームがあり、エビ2つ、さつまいも、アスパラ(丸ごと)、なす、ししとうの盛り合わせて、色白に揚げてあった。添えてあった長ネギは薄くきれいにスライスされてた。


 鴨せいろ ¥1100



鴨汁は、ロールした形でスライスされた鴨肉3きれ、えのき、ごぼう、豚肉、そして驚いたことにピーマンが入っていた。鴨汁は、味と濃度のバランスがとれてて鴨肉の味がでてた。細切りされたそばと調和がとれてて、長さもあるので食べやすかった。注文している客が多かったので人気メニューあも。

のどかでゆったりした雰囲気で、そばの量もたっぷりめなので、人気があるのも納得できる手打ち蕎麦店。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『一万十七石』
 茨城県牛久市中央1-6-6
 電話:029-873-6507
 営業時間:11:30~21:00
 定休日:木曜日


大きな地図で見る