筑波西武百貨店6階のレストラン街にあるチャイニーズレストラン。

新宿三井ビルに本店があり、東京・静岡・広島などに9つの店舗がある。そのほとんどがデパートなどで、不特定多数が集まるビルのレストランチェーンのよう。

店頭は、赤で統一されてて、格式あるチャイニーズの感じ。入り口脇には、7種のランチメニューの見本が陳列されてた。

隣にあった『鴨亭』は、紅白幕で覆われてて工事中(改装?)のよう。

ショッピングのついでに、なんとなく入った≫人気blogランキング



入って左側は窓の無い客席スペースで、2−4人テーブル席が8つくらいあった。直進して奥右側も同じくらいの広さの客席があり、ここは、北側と東側が一面の窓になってて、天気が良かったせいかとても明るかった。



空いてる席に座ると、窓からは筑波山がきれいに見えた。見下ろすとつくばセンターが上から見えた。



テーブル上にあったランチメニューを一応見てたら、女性従業員が注文を取りにきてくれた。この女性、日本語がカタコトの感じで、チャイニーズのよう。

店頭に陳列してあったホイコーローセット¥950、本日のおすすめB¥1050を注文した。

ほとんど待たずにすぐ料理が運ばれてきた。


 本日のおすすめB ¥1050

野菜の中華丼、担々麺(orラーメン)、山クラゲ(?)っぽいのサラダ、杏仁豆腐という内容だった。中華丼は、あまり熱々じゃなかった。土鍋風の器によそってあった見本とは違って、野菜しか入ってない中華丼はあっさりした感じ。

担々麺は、辛さが効いてた。丼に顔を近づけて息を吸ったら刺激でむせ込んでしまった。スープは、マイルドで、麺は乾麺みたいだった。

山クラゲ(?)のサラダは、ハリハリした食感の山クラゲの脇にレタスを添えて中華風ドレッシングがかけてあった。

杏仁豆腐は、杏仁の香りはするが、とてもあっさり淡泊だった。




 ホイコーローセット ¥950

ホイコーロー、焼売、山クラゲのサラダ、スープ、ごはんという内容だった。

ホイコーローは味噌味が控えめで、普通の野菜炒めに近い感じ。かき玉スープは、塩味にあっさり作ってあった。

焼売は、少し遅れて蒸し立てを運んできてくれたので、熱々だった。

お手頃価格で、ボリュームも割とあり、料理が来るのも早い。味はあっさりめで、眺めもいいので、百貨店に来た家族連れなどにも向いてそう。

■中国老舗『天津飯店』
 茨城県つくば市吾妻1-1311-5
 電話:029-858-0203
 営業:11:00~22:00

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る