つくば市の「みずほの村市場」内のそば店。

建物は、150年前の寄せ棟造りの農家を、移転再現したもの。
なだらかな曲線を描く大ぶりの屋根が、周囲に広がる長閑な田園風景に溶け込んでて、名所・旧跡のような趣。

建物前に植えてある花が、ほころびはじめてた≫人気blogランキング



5段ある階段を上ると玄関。玄関扉は1間幅の重厚な引き戸で、開くのにちょっと力が要った。

入ると、広めの土間になってる。そば粉などの売り場もあり、大きなテーブル(8人掛)が置いてあった。その奥は、広めの厨房になってるみたい。





左に、コの字の廊下(畳敷き)に囲まれた、約40畳の田の字の座敷がある。4つの部屋をぶち抜いた田の字の座敷って、昔学校で習ったことがある。

廊下を介して、光が入ってくるので、座敷の中は少し暗め。
柱、梁、戸は燻したような色合いで、囲炉裏もあって、昔の農家の生活様式がそのまま感じられる。

空いてる席に座ると、40代位の女性従業員がお茶を運んで来てくれた。接客係の女性は2人で、厨房では男性が2人(20代と30代位?)働いてた。

ちょっと考えて、ウドサラダ¥540、そばがき¥1134、十割そば¥1029、天もり¥1554を注文した。




ウドサラダ ¥504

サラダには、ウド、ベビーリーフ、人参、ブロッコリー、ミニトマト、海藻が入っていて、味噌っぽい色のぽったりしたさわやかな味のドレッシングがかかっていた。

ウドは、ほんのり苦みがあって、春らしい味。
この春野菜の苦みには、冬の間なまっていた体を目覚めさせてくれる効果がある。

子どもの頃はこの苦みが嫌いだったのに、最近は好き。。


 そばがき ¥1134

そばがきは、大鉢に張ったそば湯の中に楕円の饅頭型のが4つ入っていた。小鉢に取って食べると、浮力を感じさせるようにほわっとしてるのに、むちっとしてて、口の中いっぱいに柔らかなそばの風味が広がる。いかにも質のいいそば粉って感じ。

そばの香りが濃厚だったので、薬味は使わないで食べた。


 十割そば ¥1029



十割そばは、緑がかった色(黒っぽい粒子が少し混じってる)で細打ちされてた。表面がざらざらしてて、十割そばらしい食感で、香りもとてもよかった。盛ってある量が少ないので、あっという間に食べ終えてしまった。


 天もり ¥1554



天もりのそばは、ほんのり緑色の表面に艶があって、細打されてた。十割より、香りは控えめながら、それでも充分にそばの風味が感じられて、のどごしよく食べられた。

天ぷらは、小ぶりの海老2ヶ、ふきのとう、かき揚げ(小さめ)という内容で、少し寂しい。窓から、裏の林に椎茸栽培用の原木っぽいのが転がってるのが見えたので、椎茸の天ぷら(エリンギや舞茸でもいいけど)も付いてたらいいのに。

BGMがかかっていない店内には、ゴトッゴトッという水車の音が聞こえてくる。

そばの量は控えめなだが、都会の喧噪とは無縁の静かな環境の中で、そばの香り豊かな滋味が楽しめる。天ぷらのボリュームちょっとあげてね。お気に入り度7.4。

■メニュー
 冷たい…もり¥819、天もり¥1554
     鴨汁そば¥1680
     釜あげ風そば¥1029
     10割そば¥1029(30食限定)
 温かい(11月〜4月まで)
    …かけそば¥819、天ぷらそば¥1554
     鴨南蛮¥1680
 その他…そばがき¥1134
     麦とろ¥399
     野菜サラダ¥504
     厚焼き玉子¥504、鴨焼き¥1029
     天ぷら盛り合わせ¥1029
     板わさ¥714、冷奴¥399
     お新香¥504

     
■『蕎舎』 お店のHP
 茨城県つくば市柳橋496
 電話:029-856-1090
 営業:11:00~20:00
 定休日:火(火が祭日の時は営業)

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る