クイーンアリスのモンブラン ¥420(約110g)

筑波西武1階にある『パティスリー・クイーン・アリス』のケーキ。

料理の鉄人(初代フレンチの鉄人)で有名な石鍋シェフがオーナーを努めるフレンチレストラン『クイーン・アリス』グループの店。

北海道〜関西までの、約20のデパート(そごう、西武、三越など)に出店してる。

季節はずれっぽいが、モンブランを買ってみた≫人気blogランキング

土台の約1.5cm厚のタルト地は、周りはクッキー風にサクッとしてて、中はスィートポテトのようなもっちりした食感。

土台の中央に、カスタードクリーム(少しかため)と栗をおいて、その上から円錐状に生クリームを盛り、最後にフランス産のマロンクリームできれいに覆ってある。

トッピングは、金箔をちょこんと載せた渋皮煮(丸ごと)と、薄いビターチョコ2枚(ウサギの耳みたい)。

金箔によって、リッチな印象のモンブランだが、マロンクリーム、生クリームが固めで、生クリームも風味に乏しく、ケーキ本来のフレッシュ感はあまり感じられない。これって、輸送のため、形崩れを防いで日持ちのいい商品にしてあるせい?

ちなみに以前食べた、千疋屋のモンブランも同じような印象。


 千疋屋の究極モンブラン 1個¥840



千疋屋のモンブランは考えうる最上級の素材を用いて作ってあるという。
確かにラム酒の風味はラムとは思えないほど上品だが、周囲のマロンペーストはかためで、中のクリームと密着せず、隙間が空いてて、食べ始めるとポロポロ崩れてくる。

フランスやイタリア産の栗もいいけれど、日本の四万騎農園(旧千代田町)の極上の栗を使えば、もっとコクのあるフレッシュなモンブランが作れそうなのに、ああ残念!

焼き栗にしただけでも甘いあの栗!思い出しただけで食べたくなっちゃう〜


 紅玉リンゴのタルト ¥333(約70g)

ついでに『パティスリー・クイーン・アリス』のリンゴのタルトも紹介しちゃう。

タルトのはずなのに、薄焼きのピザ?って思うくらい、薄っぺらい。

使ってあるリンゴは小布施産の紅玉。紅玉特有の酸味が生きてて、他にはないくらい、甘ずっぱ〜い。

リンゴは皮付きのまま、薄くスライスして敷きつめてある。リンゴの下には、うっすら生クリームがのばしてあるようだが、下のパイ生地と一体化してて、存在感薄い。

表面にゼリーっぽいコーティングは、甘みがやや重たいかとも思ったが、リンゴの酸味が強いので、口の中で合わさると、酸味と甘みのバランスがとれた濃厚な味がする。

有名店のケーキは確かに高級感あふれてリッチな気分になれる。しかしケーキは、海外から冷凍保存して輸入した素材を使うより、新鮮な素材を使ってその日に製造されたものを、当日購入して食べるのが安全でおいしい気がする!

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る