下妻市で去年に新規開店した蕎麦店。良かったと聞いて行ってみた。

砂沼サンビーチの少し北にあるが、看板があまり目立たないので通り過ぎてからようやく店に気が付いて引き返した。

店頭は広めの駐車場。奥まったように、黒屋根が粋な感じの平屋の店が建ってる≫人気blogランキング

玄関入る前に、左側の窓を覗くと、そば打ち部屋があった。

玄関戸は、黒のアルミ製。開けて中に入ると、横に広がる店内は、左手が厨房で、右手が客席になっていた。すぐ右に靴用の棚があるので、ここで靴を脱いで上がる。(スリッパはない)



店内は、高い天井に燻した色の太い梁が通っている。床や柱には、梁と同系色の木材が使われていて、簑(みの)やお面などが飾ってあって、昔の民家風の懐かしさ漂う。

駐車場が見える窓に添って、テーブル席が4人×3
中央に細長のテーブル席(12人用)
奥は個室が2つ(6人用和室、4人用テーブル席)
左手奥の厨房にいた50代位の頭に手ぬぐいをかぶった髭のおじさんが1人で切り盛りしてた(伝統工芸の職人っぽい感じの人だが、脱サラしてこの店を開いたのかも)。


 そばがき ¥730

和風丼に入ってて、きぬさやと柚子がトッピングされてる。
葉脈模様のついた大きめそばがきは、もちもち力強い食感で男性的。
脇には小鉢でつけ汁が準備されてたが、私は生醤油で食べた。この方が、そばの風味が素朴に伝わってきて私好み。


 白えび天せいろ ¥1200

そばは、ほんのり緑かかった色で、ばらつきなく細切りされてた。

天ぷらは、富山湾でしか捕れない白えび(しかも今は時期外れ)が玉ねぎと一緒にかき揚げにしてある。殻&頭ごと揚げてあるのに、くどさなく上品な味わいで、まさにえびの貴婦人!


 田舎そば¥840

田舎そばは、せいろそばより、少し濃い色で、表面が幾分ざらついた食感。
せいろと同じように細切りされてて、ちゃんと長さもあった。


 厚焼玉子 ¥530

卵黄の濃い色の卵で作ってあって、色鮮やか。甘くないだし巻き仕立てタイプので、酒の肴向き。竹やぶのより水分(だし)は控えめ。

鶏の卵って、食べてるものや環境によって、味・色・においが随分違う。
卵かけご飯(もちろん炊きたて!)で試してみるとよくわかる。


 山うどの天ぷら¥420

太い茎の部分はスライスして揚げてあった。みずみずしくシャキシャキしてて、知らない人が食べたら梨の天ぷら?って思うかも。葉っぱの方は、ほんのり苦みがあって春らしい香り。
この春野菜の苦みには、冬の間なまっていた体を目覚めさせてくれる効果がある。

愚蕎(ぐきょう)という店名は、まっすぐ蕎麦と向き合う店主の志を表現しているらしい。店のHPをプリントアウトして持って行くと10%割引になるそうなので、次回は持って行かなきゃ〜。つくばからは少し遠いが、のどかな雰囲気で、こだわりの蕎麦と白えびの天ぷらが食べられるなら、このくらいの距離はへっちゃら!おすすめ度7.6。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■「そばきり愚蕎」 お店のHP
 茨城県下妻市石の宮27-2
 電話:0296-45-0018
 定休日:毎火、第3水
 駐車場:14台


大きな地図で見る